中古車の禁煙車

もし今、所有している車を中古車として売ろうとお考えの方は、アピールポイントの1つになるものがあります。実は、その愛車が禁煙車か喫煙車かどうかで値段が変わってくるようです。
どちらが高く査定がつくかというと、もちろん「禁煙車」です。車内にひどいヤニ汚れや匂いが染みついていたり、座席などに焦げなどの明らかな喫煙痕跡がなければ喫煙車でもさほど差はないようですが、査定アップの交渉が出来るほどの効力のあるポイントだそうです。
逆に中古車を購入する場合、車種、年代、走行距離などが同じで禁煙車と喫煙車があったとすれば、禁煙車の方が高く販売されていると思います。車内についたタバコの匂いやヤニといった汚れはなかなか消えないものです。喫煙する方でも車は禁煙としていたりする事もしばしばあるそうですね。それぐらい密室でのタバコの汚れは強いものです。
今ではタバコを吸わない方の方が増えているので、禁煙車のニーズも高く、どうしても値が高くなっていくようです。
しかし、どの程度の禁煙車なのかが不明なところです。たぶん、車ごとに違うでしょう。前のオーナーさんが少しは喫煙していたけど、査定でそこには触れず、また査定する側も気づかず、禁煙車と認められれば、喫煙していても禁煙車として扱われます。
敏感な方や非喫煙者の場合は、購入検討時に喫煙の真実に気づくかもしれません。そうなれば、別の車を探せばいいのです。しかし中には購入後、車内で明らかに喫煙された痕跡を見つけてしまうケースもあるようですね。この場合、販売側に相談する事は可能でしょうが、どこまで保証されるかどうかは不明です。タバコが嫌いな方で中古車の購入される際は、十分に気をつけた方がよいでしょう。中にはタバコ臭を消すためにおかなわれた洗浄によって、その洗浄剤臭が残っている車もありますからね。

Designed by CSS.Design Sample