レンタカーの禁煙車

最近では、レンタカーを予約する際、車種の紹介に“禁煙車”と掲載しているところが圧倒的に多いのではないでしょうか。
また、レンタカーを借りる際にも“必須”といえるぐらい検討項目として禁煙車かどうか確認する方がたくさんいらっしゃると思います。
予約も禁煙車から埋まるらしく、GWや夏休みの連休となると直前予約では禁煙車は確保出来ないところもあるそうです。禁煙車であろうと、喫煙車であろうとレンタルする値段は変わらないようですが、禁煙車の需要は増えているようです。
ところが禁煙車と掲載されていても、そうでない場合があるようです。禁煙車をレンタルした方の話によりますと、禁煙車のはずなのに臭いがしたなどタバコの気配を感じた事がある方がいらっしゃいます。これについては、多数の方が経験されているそうですね。
その原因は様々な事が考えられるといいます。禁煙車にはそもそも灰皿が付いていないタイプが多いようですが、それでもこっそりレンタル者が車内でタバコを吸うこともしばしばあるそうです。またレンタカーの場合、商用利用としてリースもされている所があるようで、リースした先の会社の方がタバコを吸っている可能性が否定出来ないようです。
前のレンタル者がそのような行為を行ってしまうと、なかなか車内のタバコの臭いというのは消えないものです。清掃されていたとしても、敏感な方ですと感じてしまうかもしれません。完全なる禁煙車をご希望の方は、禁煙車としての具合も伺ってみた方が良いかもしれません。

Designed by CSS.Design Sample